随伴行列

随伴行列とは、成分が複素数である行列に対して、すべての成分を複素共役にし、さらに転置行列にしたものです。

例えば、の随伴行列は、以下です。

行列Aの随伴行列は、A^[___*__]]と表します。

また、すべての成分の虚部が0であれば、A^[___*__]]=A^[___T__]]となります。